試験に役立つ左脳型速読術〜速読をマスターする方法〜

【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

試験に役立つ左脳型速読術はどういうものなの?

 

左脳型速読術は、断じて速度を追うだけの物では御座いません。

 

最も大事なのは「内容をスピーディーに把握し、インプットする事」ですから、無理な速度を追い求める様なトレーニングは要りません。

 

それでは現実にどの様な事を行なっていくのか? 早速ご紹介して参ります。

 

論理的な文章は「序論、本論、結論」で構造されている事から、これを把握してトレーニングして行ったら効果を上げる事が可能になります。

 

私の場合、左脳型速読術を習得して以降は、 毎朝喫茶店でコーヒーを飲みながら1冊の新書を読む事を習慣にしております。

 

一冊200〜300ページくらいの本になりますが、ジャンルは経済学、政治学、言語学等、可能な限りジャンルを偏らせないでバランスを考えて読む様に気を付けております。

 

喫茶店での時間は1時間程度ですが、その間にA新聞、Y新聞、M新聞、日本K新聞の四誌に目を通した上で一冊読み終えます。

 

「1分間に112万文字」の速読は感性の世界だと思いますし、 勉強面においては現在の速読スピードが最も適していると経験を持って言えるのです。

 

続いて左脳型速読術は、英文の速読もできます。

 

そのワケは、日本語の速読法に隠されておりますが、 高い語彙力や構文力を持っていない場合でも、 英語を英語の語順のままスピーディーに読める様に変わって、理解力がアップするのです。

 

学校等の授業においては、文法や英語から日本語へ訳読する事ばかり教えを受けるので、 殆どの方が文法や構文ばかりが気になって英文を読むのに時間を要してしまって、 英語を英語のまま理解する力が習得されていないのが現状なのです。

 

英文の速読においては、最初に単語帳を丸暗記して文法と構文を理解して・・・等、 速読法に取り組む前に英語の基礎知識をマスターする事に 時間が取られる・・・という事を心配されると思います。

 

けれども、その予備知識をマスターする為の時間は、 「わずか1週間」であればいかがですか?

 

そうです、たった1週間の勉強で高校文法の全体像を把握し、 速読術を使えるレベルの知識がマスター出来ます。

 

従って英語力に自信を持てないと言う人であっても、 心配しないでチャレンジして貰える内容になっているのです。

 

こちらの左脳型速読術においては英文を速読可能になる事によって、 『試験・資格』・『ビジネスシーン』の中で活かすばかりでなく、 英文の読解力と一緒に高い語彙力や構文力をおのずとマスターする事ができます。

 

ビックリしている人もおられるかも知れないですが、 英文の速読スピードをアップさせて行く為に最初に「音読」して行くのが、 こちらの左脳型速読術の大きなポイントになります。

 

それなりの分量以上の英文を速読するとなれば、 単純に英語のスキルが要される様になるのです。

 

けれども英語力に自信を持てない、更に英語の知識をマスターしたいと考えている人が殆どではないでしょうか。

 

そこで突然「黙読せよ」と言われても、これが障害になり中々上達しない理由に結びつきますし、そもそもトレーニングの意味がなくなるのです。

 

従って、英語のスキルを引き上げるのと一緒に、速読スピードをアップさせる為に最初に「音読」を行なってもらいます。

 

こちらのやり方はビックリするかもしれませんが読む力を上げるばかりでなく、 会話でちょっぴり堅い内容の事を英語で喋る際にも効果がありますから、 躊躇しないで次から次へと音読しながら読み進めて頂きたいと思います。

 

試験に役立つ左脳型速読術の公式サイトはこちらから

 

 

試験に役立つ左脳型速読術の内容を一部ご紹介します!

 

それでは本教材で貴方様が学ぶことができる内容をご覧頂きたいと思います。

 

おそらく貴方様が存じ上げている速読術との違いにビックリされると思います。

 

簡単“左脳型速読術”のメカニズムとは?

 

「速読法」と言ったら一般的には、イメージとしてページを頭の中に焼き付けると言った右脳型の物と考えている方がたくさんいると思うのですが、そのテクニックをマスターした方は現実にはそれほどいません。

 

本教材においてはある技術論に基づいた「左脳型速読法」となって、理解し易い技術論を参考に作られておりますから、一部の人間だけしかマスターする事が出来ないといった事は御座いません。

 

その訳、またやり方をひとつ残らず公開させて頂きます。

“日本人”としての常識力が速読力UPのキーポイント!

 

法律関係や語学系等といった専門知識が求められる勉強においては、それなりの知識があった方が書籍等も読み易いと思うのですが、速読力をより一層高める為には我々が日常的に触れている物を使ってトレーニングして行くやり方が存在するのです。

 

文章の理解力もマスター出来る為、最初にこちらのやり方からトライして頂きたいと思います。

1時間で4誌の新聞、300ページの本を読める様になる手段とは?

 

速読のテクニックは受験や試験、ビジネスの他にも趣味の読書にも活用する事が可能ですが、各々の場面に適した使用方法があるのです。

 

一昔前に派手に宣伝されていた「1分間に112万文字読める速読術」みたいに特殊なテクニックが求められるやり方では無く、自分自身の進度に合わせて活用して行ける速読のやり方をお伝えさせて頂きます。

わずか3分のトレーニングで心の中の声が出て来なくなる?

 

速読法においては「黙読」出来る事が大事とされているのですが、言葉として口に出さずとも、知らず知らずの間に心の中で出てしまう声もあるのです。

 

意識すればする程心の中の声が出てきてしまって、速読に集中出来なくなったり・・・と言う事もあります。

 

そこで1日3分、空いている時間に軽く取り組むだけでしっかりとした黙読が行なえる様になって、読む速度のアップにも結びつくトレーニング法をお伝えさせて頂きます。

英文速読の障害を無くすリーディング法の秘訣とは?

 

英文は五文型で説明可能な単純なメカニズムとして分かる様になったら早く読み進めて行く事が出来ますが、今までの勉強法が癖となって、中々スムーズに行かないと言う方がたくさんおられます。

 

そこで障害になり易い箇所をピックアップし、早く読んで行く為の方法をご説明して参りたいと思います。

たった7日間で高校レベルの英文法&速読をマスターする方法とは?

 

既に社会に出て仕事をしているとなりますと、高校若しくは大学卒業以来、英語に触れるチャンスが多くなかったと言う方もおられるかもしれません。

 

仕事の関係上、英語の能力を必要とされる事もよくある現代人に取りましては、可能な限り早く英語をマスター出来る様に、7日間で英文法をマスターし、速読&読解力を底上げするやり方を詳細にご説明して参ります。

 

こちらのやり方は社会人ばかりでなく、受験生の人にはセンター試験等に対応可能な力となりますから、是非とも取り組んで頂きたいと思います。

速読に一番望ましい文章でのトレーニング法とは?

 

「本」と申しましても小説や詩、参考書に専門書等色々な物があるのですが、 速読力を高める為のトレーニングに最適な物・適していない物があるのです。

 

どんなものであってもスピーディに読む事が出来る様に・・・と言うよりも、必要に応じて必要な物だけスピーディに読む事が出来る様になる様に選りすぐった例文でリーディング力を高めて参ります。

英文の速読力を飛躍的に引き上げる為の訳し方とは?

 

英文を訳す為には語順をひっくり返して頭の中で和訳して行く・・・と言ったやり方が学校等で教育されているので、そのやり方で訳して行く人がたくさんいらっしゃるかも知れませんが、こちらのやり方ですとその分だけ読む速度が遅くなるのがデメリットだと思います。

 

英文を英語のまま理解して行く能力を付ける為にも、本教材においては違うやり方で訳して行って、速読速度もアップさせて参ります。

分からない単語があっても中学レベルの英語力があったら分かる速読法とは?

 

英文を読んでいる時、分からない単語が現れるとそこでつまずいてしまったり、 気になって続きを読む事が出来ない・・・と言う事がしばしばあるのではないでしょうか。

 

けれども文章の流れに意識を置く様にして速読法をマスター出来たら、中学卒業レベル〜高校1年生レベルの英語力があったら長文問題であってもすらすら解ける様に変わるのです。

 

日本語から英単語にするトレーニングも要りませんから、貴方様の英語力も飛躍的に上がるのです。

「読解力」を伴った速読法の秘密とは?

 

例えばどれだけ速く書籍等を読む事が出来る様になっても、内容を分かっていなかったり、知識として身に付いていなかったら無意味だと思います。

 

けれどもこの世に流通しているその他の速読法においては、読解力に関して省略されている事がとても沢山見られます。

 

本教材においては速読ばかりでなく読解力も高める為に作られております。

日本語・英語の長文問題を解く為に最初にすべき事とは?

 

時間を有効に使おうと、テストや試験の時には長文問題から取り掛かると言う方も多いと思うのですが、長文問題の「特性」を活用して読む分量を数分の一にするやり方があるのです。

 

日本語・英語どちらの問題であっても、二度読み等の無駄を省いて、時間内で問題を解いて行く事が可能になりますから、受験生や資格試験が控えている人に推奨出来ます。

「平仮名」「カタカナ」「漢字」「英語」の全てを逆手に取って速読するテクニックとは?

 

日本語は他の外国語と比較して平仮名、カタカナ、漢字等色々な文字を使う為とても難しいと伝えられているのですが、日本語が母国語である我々はその特徴を逆手に取り「概念」を活用して速読速度を高めて行く事が出来るのです。

 

日々のトレーニングには、多分貴方様の自宅にもある物を活用するのが良いでしょう。

 

・・・等々、試験ばかりでなくビジネス面においても役立つ内容となっていて、 1日の定められた時間を有効に活用する為にも、 こちらの左脳型速読法は貴方様の人生に取りまして大きなきっかけになるでしょう。

 

全部細部にわたって解説しておりますから、 直ちに取り組んで貰えます。

 

広く大きな意味での飛躍と、自由な時間を手にし、 更に他人とは異なる能力をマスターする事によって、新しい世界を垣間見る事が可能になります。

 

試験に役立つ左脳型速読術の公式サイトはこちらから

 

 

試験に役立つ左脳型速読術の良くある質問について

 

集中力がないです。間違いなく学習効率はアップするのでしょうか?

トレーニング時間に次第で個人差はあるのですが、取り組んで貰った人は2〜数十倍のスピードで読める速度と理解度がアップしたと報告を貰っています。

 

1日3分間からのトレーニングも御座いますから、時間が限られると言う人であっても取り敢えず一度チェックしてみて貰えたらと存じます。

歳によって効き目に差は現れるのでしょうか?

歳や性別による制限は設けていません。

 

今まで中学生の人から60代、70代と幅広い年代の人が取り組んで、ありとあらゆる場面でご使用頂いています。 (結果には個人差がございます。その方によって結果は色々であって 全員にその結果を約束する物ではありません。その点御了承頂きたいと思います。) 

速読術を初めてチャレンジしてみようと考えていますが、簡単ですか?

右脳型みたいに文章をイメージ化したり、斜め読み・飛ばし読みの様な事は行いません。

 

初めは慣れなくても全部わかりやすく解説してありますから、心配することなく取り組んでもらえるはずです。

こちらの教材以外に必要な物はあるでしょうか?他にお金が必要になったりしないか不安です。

本教材をお買上げ後、当方から費用を要求する事は御座いませんからご心配なく。

 

しかしながら自分自身が読みたいと思う本や、勉強に使用する参考書等はご準備頂きたいと思います。

家族にバレずに買うことは可能でしょうか?

DL版の場合では、ご注文の時に自分自身のメールアドレスをご記載頂けたらデータはパソコンにお送りしますから、問題ないでしょう。

 

また冊子版であってもお買上げ頂きました商品名が分からない様にお送りさせて貰います。

 

 

試験に役立つ左脳型速読術を実践された方の感想

 

不得意であった英文問題も簡単にクリア出来る様に変わって驚きました!

 

長文になると苦手であった英語がこちらの速読法で英語のまま分かる様になりました。

 

今までの学習法の癖が残っている間は、知らず知らずに英語→日本語に頭の中で変換してしまったりしたのですが、現在ではその癖も無くなりました。

 

教材においては実際的にどうしたら良いのか理解し易く解説されておりましたから、直ぐに実践出来た事、また直ぐにスピードアップを実感出来た事がなによりです。

 

英語ばかりでなく日本語にも対応しておりますから、様々な面で役に立っています。

 

大学の友達にも「何をしたの?」って聞かれますが、はっきり言って教えたくない程です!

 

こちらの速読法があったら、何でもやれる感じがしますね。

受験が待っている子供の為にと考え買いました。

 

中学、高校の受験が待っている息子、娘の為になったらと買いました。

 

塾にも通わせているのですが、偏差値がかなり上がったりという事が無かったので…。

 

私も教材に目を通してみましたが、松平先生の考えや教えに共感する部分がたくさんあり、子供と一緒になってトライしてみたのです。

 

1ヶ月を経過した頃、子供達の変化に気付き、この度ご連絡させてもらいました。

 

息子は偏差値が10アップ、不得意であった英語も現在では楽しみながら勉強しております。

 

また娘は偏差値が13もアップ、特に歴史の成績がアップしたのです。

 

2人とも理解力が上がったみたいで、買って良かったですね。

集中力もアップして効果的に読める様になりました!

 

集中力に自信が無く、本を読んで1時間もして来ると気が散ってしまうタイプで、仕事の為にも1つに集中して取り組める様に変わりたいと考えておりました。

 

速読など私には向いていないのでは・・・とも思ったのですが、将来の事を考えたら色々役に立つのではないかなと考えてチャレンジしてみる事にしたのです。

 

「私には集中力が無い」と言う気持ちがありましたから、コツを掴むまでは2時間とか3時間の読書は出来なかったのですが、1ヶ月経過した辺りから見る見る読む時間が短縮されている事に気が付いて、現在では1時間で2冊位に読める様になったのです!

 

仕事においても速読は役立っており、途方もない資料があっても要点だけ纏める事もあっという間に簡単に行なえる様になりましたから、同僚や先輩からも頼られる様になりました。

 

目下、勤め先においては松平先生の速読法が流行してしまって、全員が真剣になっております。(笑)

第一志望大学に合格。春からのスタートがワクワクします。

 

高校時代から第一志望大学に向けて学習しておりましたが、少し点数が足りなくて不合格と言う結果で浪人してしまったのです。

 

受験まで1年と言う時間しかない中、この1年間を無駄にすることは出来ないと考え、覚悟を持って速読法に挑戦してみたら、自分自身の頭の中に知識が見る見る詰め込まれて行く感覚が面白くて2週間で3ヶ月分以上の勉強が出来たのです。

 

開始してまだ1週間も経過してない位でしたから驚きを隠せなかったのですが、「わずか1年しか無い」という気持ちが「まだ1年もある」という余裕に変わって、ストレスも無く進めて行ける事に嬉しさとやりがいを感じております。

 

言うまでもなく第一志望である大学にも合格し、今後の暮らしを内容の濃いものにする為、現在はTOEICに挑んでみようと考えております。

 

参考書や単語帳も一瞬で読み終え、知識も修得されていますから、このテストも絶対にうまく行くと思います。

 

春からの大学生活と英語のマスター、両方とも楽しみながら行なって参りたいと思います。誠に有難う御座いました!

第2の人生が開けた感じがします。

 

松平先生の速読法はとても理解し易く、老体の私であっても難なく取り組めております。

 

お蔭様で満足の行く効果を体感出来ています、感謝します。

 

私自身、年を重ねてからも好奇心や向上心が消えず、色々な資格習得を目標に学習に取り組んでいました。

 

こちらの速読法をマスターして以降は、毎日の時間を無駄にしないで、これまでとは比較にならない程の速度で学習を進行して行けますから、更に上を目指して行きたい気持ちになります。

 

毎朝の朝刊と数冊の読書ばかりか、試験対策の時間も作ろうと考えております。

 

こうやって新たな人生を楽しむことができる様に変わって、非常にありがたく感じています。

2〜3日に分けて読んでいた書籍も30分で読める様になりました。

 

学生時代から本を読むのが遅くて、途中まで読んで翌日に続きを読もうとしても、読んだ部分の記憶が曖昧なので結局のところ再度読み直し・・・と言う繰り返しだらけだったのです。

 

読む速度ばかりでなく、頭に入ってくる速度も、以前と比べると10倍以上になったと思います。

 

冒頭から嫌気が差して閉じていた専門書も、速読法を習得して以降は1ヶ月以内で数十冊を読み終えてしまって、忘れる事もないです。

 

自分自身に自信を持てる様になりましたから、今後は色々な資格に挑戦し、自分自身の可能性を深めて参りたいですね。

 

 

試験に役立つ左脳型速読術販売者からのメッセージ

 

ラストまで目を通して頂きまして、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

この度、一部の人間だけしかマスターする事が出来ない様なテクニックでは無く、 極一般的なビジネスシーンや学生生活の中で有益なテクニックを1人でもたくさんの人がマスター出来る為の教材があっても良いのでは無いかと思い、 本教材を書きました。

 

私は、仮にこの左脳型速読法に辿り着けなかったら、 現在の私が居る事も、またこちらのページを公開する事も出来なかったと思っているのです。

 

現在、目の前にある自分自身の人生を一変させる"きっかけ"を、 貴方様には逃して頂きたくないです。

 

貴方様は今回のチャンスを人生の転機だと考えますか? はたまた特別なチャンスでは無いと考え、このままページを閉じてしまいますか。

 

他人から見たら小さな事であっても、「成功」を目指す志を持っているのであれば、 再度貴方様と教材でお会い出来ると思います。

 

貴方様がこちらの左脳型速読法をマスターし、成功を収める日を願っております。

 

それでは再びお会い出来る事を信じて、最後の言葉とさせてもらいます。

 

試験に役立つ左脳型速読術の公式サイトはこちらから